意外とコスパいい!?【街コン】のメリット4選とデメリット2選をアラサー男が徹底解説

  • 街コンって”理想の出会い”はあるの…?
  • メリットとデメリットが気になる
  • 損得勘定抜きにコスパがいいのか教えてほしい!

理想の出会いを求めて街コンなどを検索するものの、「本当に街コンに行くべきなのか?行く価値はあるのか?」と戸惑い、参加するのを躊躇してしまう方は多いです。

筆者はこれまで街コンに5回参加したのですが、彼女を一人、セフレを一人、趣味の友達を一人作る事が出来ました。ただ、最初街コンに参加するまでは、街コンってどうなんだろ…と一歩を踏み出せず無駄な時間を過ごしていました。

そこでこの記事では、街コン初心者でも迷う事なく、街コンに参加出来るように参加して分かった「メリット3選とデメリット2選」をご紹介します。

この記事を読めば、街コンのコスパが分かり、街コンに参加するべきかどうかを判断する事が出来るでしょう。

街コンに参加するメリット

街コンに参加するメリット

街コンの大きなメリットはこの3点です。

  • どんな街コンに参加するのか選べる
  • 男女ともに出会いを求めている人しかいない
  • 街コンの形式によっては自分で相手を選べる
  • 共通の知人がいない

分かりやすく想像のつきやすい合コンと比較しますが、街コンは合コンとは違い自分で選択できる点が多く、自由度が高くなっています。

どんな街コンに参加するのか選べる

例えば大規模の街コンで男性50人女性50人といったものの場合、大体15分毎くらいに席替えが行われ、一回の街コンで20人くらいの異性と話す事ができます。合コンの場合は最大でも5人くらいと考えると知り合える人の総数が大きく違ってきます。

またトークをしやすくする為の工夫として趣味などのプロフィールカードなどが設けられており、合コンのように誰かが仕切ったりとする必要性はなくなります。

他にも婚活専用の街コンや20代限定の街コンや映画好きの為の街コンなどバラエティー豊富で、あらかじめ異性の対象を絞る事もできるので、タイプから大きく外れた人が現れるという事が少ないです。

たまにとんでもなく癖の強い人に出会う事もありますが…笑。

男女ともに出会いを求めている人しかいない

街コンは男女ともに参加費が発生するため、出会いを求めていない人はまず参加しません。

お金を払ってでも出会いを求めている人ばかりの為、「ノリで参加してみた」「冷やかしに来た」などの人がいない為、無駄な出会いを回避できます。

合コンなどは人数合わせで呼ばれた人などもいるので、みんなが出会いを求めているわけではありません。反面、街コンはお互いに出会いを求めている為、その後の発展率も高いです。

街コンの形式によっては自分で相手を選べる

街コンの形式は基本的には着席形式でペアに分けられ、順番でローテーションしていくものです。

でも中にはパーティタイプ(立食形式の街コン)もあります。このパーティタイプの街コンであれば、意中の異性が見つかり次第、自分で話しかければ話す事が可能です。合コンや街コンの欠点である決められた異性との出会いを取り払うパーティータイプの街コンは中々いいのではないでしょうか。

自分から話しかける事が苦でない人はぜひパーティー形式の街コンに参加してみてください。

共通の知人がいない

街コンは合コンと違い、共通の知人が主催の開催でない為、割と自由に立ち回れます。笑

悪く言えば合コンは足がついてしまう為、下手なことはできません。(気にしない人は別ですが…)ですので、もしワンチャンを狙いたいという場合には街コンであれば気にすることなく狙っていけます。

つまり自由な恋愛をできるというのも街コンのメリットとなっております。

 

街コンに参加するデメリット

街コンに参加するデメリット

街コンの大きなデメリットはこの2点です。

  • 参加費が比較的高い
  • コミュニケーション能力が必要

参加費が比較的高い

街コンの参加費は

街コンの種類にもよりますが…
男性(食べ飲み放題):4,000円〜9,000円(目安)
女性(食べ飲み放題):500円〜3,500円(目安)

くらいが相場となっています。

この金額を見て高いと思われた方も多いと思いますが、

男性にとっては一回合コンに行くよりも安いので、正直コスパいいです!

合コンは基本男性のおごりが多いので街コンの2〜3倍はします。なので、ここでいう参加費が高いというのは女性にとってのデメリットです。

男性に比べて女性の参加費は安いですが、少しでも負担しないといけない為、女性は他の場所で出会いを求めるのをオススメします。筆者の女友達は街コンに行くくらいなら「相席バー」に行くか「合コン」に行くと言っています。

ただ、先ほどメリットで触れた”あらかじめ相手を絞れる”という点は街コンだけで、「映画好きな人」「アニメ好きな人」「アウトドアが好きな人」など自分が理想とする相手と出会える機会が多いので、特定の相手と出会いたい方は街コンを利用しましょう。

コミュニケーション能力が必要

どんな出会いにもある程度コミュニケーション能力が必要となりますが、街コンは特にコミュニケーション能力が必要です。

出会う人はみんな初めて会う人であり、もしも1人で参加する場合は話を振ってくれる友達もいません。

お互い初対面の状況で、なおかつ短い時間で連絡先を交換できるくらいに仲良くなる必要がある為、街コンはコミュニケーション能力が低い人にとってはハードルが高いです。

ただ、街コンはテーブルに「プロフィールシート」が用意されていたり、あらかじめ共通の趣味の人だけが参加出来るイベントに絞ったり、「連絡先交換タイム」を運営側が用意してくれたりする為、合コンやナンパバーや相席バーに比べると話やすいです。

中には、相手と対面すると、あがってしまい、思っている事をうまく話せないという方も多いと思います。そんな方は『マッチングアプリ』を利用して、【メッセージ→LINE→電話→対面(デート)】と段階を踏む事を心がけましょう。

マッチングアプリは、女性は無料ですし、男性もうまく利用すれば無料です。高くても街コン1回参加するよりも断然安く利用できます。リスクを取りたくないという方は『マッチングアプリ』を利用しましょう。

 

街コンに関するまとめ

街コンのコスパは

  • 男性→◯
  • 女性→×

男性は積極的な参加をオススメします!

女性も参加費を払っている分、実りある出会いに期待できます。

反対に女性は参加費を払う必要がある為、共通の趣味を持った相手と出会いたいという場合を除いて参加しない方がベターです。

 

街コンよりもコスパよく出会いたい方は以下の表をご覧ください。

現代で主流となっている”8つの代表的な出会い”を「出会える人数」「コスト」「ハードル」の3つの観点から分析します。

出会える人数 コスト ハードル
アプリ
(マッチング/出会い/婚活)
街コン
婚活パーティー
バー
相席屋/相席ラウンジ ×
居酒屋 ×
クラブ ×
ストリート ×

どこも出会いの場なので、出会える人数はに違いはあれど出会えます。

ただ結局のところ大事になって来るのが「出会うためのコスト」と「出会うまでのハードル」の2つです。

コスト面で一番優秀なのは、課金しなくとも出会う事のできる【アプリ】と外に出かけて声を掛ける【ストリート】(ナンパ)です。

出会う為ならお金を惜しまないという方も中にはいらっしゃいますが、理想とする相手を見つけるまでには結構なお金がかかってしまいます。出会い初心者の頃の筆者は、【相席ラウンジ】や【ナンパバー】に行っては2万円近く払って誰とも連絡先を交換する事なく家に帰る事もあったので、皆さんに同じ過ちを犯して欲しくないです。

次にハードルの観点を確認します。出会うためのハードルが一番低いのは【アプリ】と【相席屋/相席ラウンジ】です。【アプリ】はプロフィールを設定して待っていれば向こうからコンタクトを送ってくれる事もありますし、こちらからコンタクトを取る際も”いいねボタン一つ押すだけ”といったアプリも多数存在しています。

【相席屋/相席ラウンジ】に関しては、高いお金さえ払えば、お店が出会いをセッティングしてくれるので、出会う為のハードルはありません。ただ、出会う相手を選べないという点で、お金と時間をドブに捨ててしまう事になりかねないので注意が必要です。

 

つまり…

アプリを使っておけば間違いありません!

市場は右肩上がりに伸びており、世間では使っているのが当たり前の時代ももう目の前まで来ています。

また、段階を踏めるというメリットは他にはありません、

これは他の7つの場との最大の違いで、最初はメッセージから始められるので、相手のことを観察できる時間が増え、これ以上発展しそうにないなと感じれば連絡をやめれば良いだけなので非常に気が楽という意味です。

一夜限りの出会いを求める人には、あまり関係ないかも知れないですが、気になる相手だけに段階的に心を開けるというのは【アプリ】を使う大きなメリットだと感じています。

本当は教えたくなかったのですが(ライバルが増えるので特に男性に…)利用者が急増していて、出会える人数無制限で、コストパフォーマンス良く、ハードルの低い【アプリ】を出会う為に利用しましょう。

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております! 日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

日本国内のテーマでナンバー1を目指しております。どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG